人間関係を大切に

どんな世界でも、働きやすい職場というのは人間関係がうまくいっているものです。逆に働きにくい職場だと、コミュニケーションが足らなかったり、何となく雰囲気が悪かったりなど、人間関係がうまくいっていないことが多いものです。

それは介護の世界でも同じで、介護施設においては特に人と人とのかかわりが重要になってきます。人材不足が問題となっている業界でもあり、上司や同僚、部下が一丸となって仕事に臨まなければ、仕事がうまく回っていきません。また一緒に働く仲間だけでなく、お年寄りとも良好な人間関係を築いていかなければなりません。そのため、介護スタッフは周りの人間にどんな印象を与えるかということがとりわけ重要なのです。

人間関係は多かれ少なかれ第一印象が影響するものです。第一印象で取っ付きにくいと感じてしまうと、そこから仲良くなるためには大きなハードルができてしまいます。お年寄りとの関係でも、不愛想であったり、態度が良くなかったりすると、本当に信頼しあった関係を築くことができません。お年寄りからすれば、下の世話をしてもらうわけですから、やはり信頼のおける人に任せたいと考えるものです。初出勤をするときは、特に笑顔と挨拶を心掛けると良いでしょう。そして第一印象を良くする方法としては、とにかく笑顔を絶やさないようにすることが重要です。介護職員としての最低限の務めでもあります。気持ちよく介護をし、お年寄りにも気持ちよく介護を受けてもらうためには、明るく元気に仕事に臨む姿勢が大切なのです。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です