利用者の名前を覚えるコツ

介護施設の仕事では、覚えなければならない仕事が数多くあります。新入りスタッフは、施設内での仕事内容について担当の先輩から一つ一つ指導を受けることになります。仕事がこなせるスタッフの一員になるためには、着実に仕事のノウハウを吸収する事が大切です。また介護業務に従事すると、他にも思いもよらなかったようなスキルが必要であるのが分かります。

介護の仕事で特に重要であるのが、人の名前を覚える事です。施設を利用している高齢者の顔と名前について、初出勤からできるだけ早い段階で覚えなければなりません。人の名前を覚えるのが苦手だと、多くの人と接する機会が多い介護の仕事では苦労します。名前が憶えられないと、コミュニケーションで支障が生じます。そこで、施設利用者の名前を効率よく覚えられるよう、コツを知ると役立ちます。名前を覚えるために有効なのが、積極的にメモを取ることです。一度に覚えられなくとも、何度も反復練習して記憶は強化できます。何度も名前を尋ねるのは失礼にあたるため、メモに名前や部屋番号などの特徴を細かく記しておきましょう。

また、メモを取る事は、名前だけでなく介護施設での仕事の内容を覚える際にも行うようにしましょう。また、仕事中も頻繁に利用者の名前を反復し、記憶するよう心掛けるのが効果的です。練習を続ければ、次第に施設利用者の名前は記憶に定着します。初めは名前を覚えるため苦労は多いものの、仕事に慣れるにつれて人が入れ替わってもすぐに名前をインプットできるようになるでしょう。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です