第一印象で今後が決まる

介護施設で働くのが未経験者の場合は、とにかく第一印象を良くしなければいけません。これから一緒に働く職員はもちろん、世話をする高齢者の顔ぶれもほとんど変わらないので良い印象を与えないと仕事がやりづらくなります。

介護の仕事が未経験だという情報は当然高齢者の耳にも入るので、きちんと仕事が遂行されるのか不安になります。その不安を打ち消す為に重要なのは、第一印象や人柄です。経験が無くても、この人になら任せられるという印象を与えなければいけません。その方法は難しいことではなく、きちんと挨拶ができ、目を見て会話し、笑顔で接することができれば問題ありません。これらができないと、印象を悪くしてしまい挽回するのに苦労します。

そして、これからの仕事の流れも把握しなければいけません。最初は、大まかな施設内の説明や仕事の流れが伝えられるかと思います。その情報を忘れることなくメモし、これからの仕事をイメージする必要があります。物の場所も把握し、休憩時間なども使って覚える努力をしておきたいところです。

まず周囲の人々に、仕事に対する積極的な姿勢をアピールしなければ、一人の人材として信頼を勝ち取ることはできません。経験者の場合も、第一印象は同様に大切です。物の場所などを覚えた後は、効率の良い仕事の進め方を考えなければいけません。経験者なので、未経験者とは違い即戦力としての活躍が求められます。期待を裏切らないためにも、初めは人一倍努力する姿勢を取りましょう。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です